ページトップにもどる

教室紹介

 
 
 

教授あいさつ

教授・診療部長 瀧口 修司

名古屋市立大学消化器外科

瀧口 修司

「いい手術をしましょう」
ーそのためのあらゆる努力をしようー
Make an effort to perform best surgery.

平成29年4月1日伝統ある名古屋市立大学消化器外科に教授として着任させていただきました瀧口修司でございます。大阪大学消化器外科で准教授を務めた後、現職となっております。今後ともよろしくお願いします。
我々の消化器外科分野が属する外科学講座は旧第一外科、旧第二外科の消化器外科を専門とする先生方がつくられました。初代は竹山廣光前教授が、しっかりとした教室作りをおこない。高度の専門性をもって、優れた医療人を育成する組織を作られました。上部消化管グループ、下部消化管グループ、肝胆膵疾患グループの3グループで構成され、それぞれがベストの治療を追求し、多くの成果をあげてきました。私は、それを引き継ぐ形で更に、その長所となる技術を伸ばし、優れた人材を育成したいと考えています。
「いい手術をしましょう!」そのためのあらゆる努力をする。これは、我々の合い言葉です。命をあずかる外科医にとって、これほど心一つになれるテーマは無いと思います。私も含め消化器外科スタッフは、この合い言葉を念頭にそれに関わる様々な努力を日夜しています。大学病院であっても、日進月歩の医療のどの分野も追従していくことも、難しくなりました。優秀な外科医、一人一人が高い専門性をもつことで対応するだけでなく、さらにその先頭にたち、牽引していくことを使命と考えています。そのため、私たちは、努力をおしまず“いい手術”を徹底的に追求したいと考えています。このことは、名古屋市の地域医療に貢献することのみならず、日本や世界の医療に貢献出来るものと信じています。これらの目標を達成していくためには、皆様のご理解と様々な形でのご支援が必要です。今後とも、名古屋市立大学消化器外科をよろしくお願いします。

教授インタビューを見る