ページトップにもどる

入局案内

 
 
 

入局希望の方へ

入局希望の方へ

患者さんの立場に立った外科治療をめざし医局員全員が一致団結して日々の診療に励んでいます。
医局内はいつも明るく活気があり、新しく入局された先生も自然に医局に溶け込める雰囲気となっています。チームで治療に取り組んでおり、治療方針に関していつでも安心して相談できる体制を整えています。
経験豊富な指導医が熱心に優しく、ときに厳しく研修医やレジデントに徹底した指導・教育を行っています。すべての入局希望者は平等であり、学内外、年齢、性別を問いません。他科経験者でももちろん大歓迎、広く海外からも入局希望者を募集しています。
研修を希望される方はいつでも連絡をお待ちしております。

消化器外科医局の研修の特色

図解 - 充実したチーム医療体制

当科では、各種の診療ガイドラインに準じ、最先端の治療を正確に行うことを常に心がけています。
特に鏡視下手術に力を入れており、内視鏡外科技術認定医を中心に食道・胃・大腸・肝臓の手術の大半を鏡視下で行っています。大学病院は地域の最先端の医療を担っており、充実した設備の元、高難度の手術や他院では導入が進んでいないような先進的な手術の経験も多く積むことが出来ます。また、da Vinci Xiを用いたロボット手術も積極的に行っています。当施設には、併存疾患を伴った症例も多く、院内各科とも連携し、消化器外科疾患のみならず広い医学的視野を養うことが出来ます。
新規入局の先生には段階的に手術に参加して頂いています。各自の手術手技・内容について医局全体で検討し、指導を受けて頂くことで、外科医としての技術を向上させることができます。

充実したチーム医療体制

手術風景

消化器・一般外科では、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門にわたる消化管疾患と、肝臓・胆道・膵臓などの実質臓器疾患を対象としています。悪性疾患を中心に、胆石症や各種ヘルニアなどの腹部良性疾患も対象としています。
当科では臓器別に、上部消化管・下部消化管・肝胆膵と3つのグループを構成し、各グループ間の連携を非常に密にとっています。各グループにおいて、対象疾患に対して適切な治療方針を検討するとともに、全体カンファレンスでも治療方針・手術内容・術後経過の検討を綿密に行っています。その為、全領域において詳細な知識を養うことができます。

消化器外科医のキャリアアップ

図解 - 消化器外科医のキャリアアップ

当科では、およそ5~7年目に外科専門医、7~10年目に消化器外科専門医を取得できるよう、研修プログラムを組んでいます。また、6~10年目を目安に大学院での研究を行い、医学博士の取得を目指します。
当科では鏡視下手術に積極的に取り組んでおり、およそ10~15年目の内視鏡外科技術認定医の取得を目指し、日々技術向上に励んでいます。現在、厳しい審査に合格した当科の技術認定医は、上部消化管グループ2名、下部消化管グループ2名、肝胆膵グループ2名(内、肝胆膵外科高度技能専門医1名)の計6名おり、種々の疾患に対し、高度な医療を提供するとともに、後進の指導に励んでいます。

関連病院との綿密な連携

当医局では関連病院との連携を密に取り、外科研修医・レジデントひとりひとりの経験症例数を常に把握し、まんべんなく数々の臨床経験が積めるように研修プログラムを組んでいます。

研修を希望される方は連絡をお待ちしております。

連絡先

電話番号
052-853-8226 052-853-8226
メールアドレス
医局長
森本守