ページトップにもどる

教室紹介

歴史・沿革

 
 
 

教室の歴史・沿革

名古屋市立大学は1943年(昭和18年)の名古屋市立女子高等医専門学校に起源を有し、当初、外科学講座は1教室でした。その後、1943年(昭和23年)に名古屋市立女子医科大学となり第1外科学と第2外科学の2講座が設立され、1950年(昭和25年)に名古屋市立大学医学部となって、60年余りが経過いたしました。
第1外科では主に消化器外科、小児外科(小児生体肝移植を含む)、心臓血管外科の診療、研究および教育を行い、第2外科では主に呼吸器外科、消化器外科、乳腺内分泌外科、小児外科の診療、研究及び教育を行ってまいりました。第1外科と第2外科の消化器外科グループは互いに切磋琢磨し、これまで発展してまいりました。
2009年(平成21年)に外科学講座全体が再編され、これまで長年分かれていた第1外科学と第2外科学の消化器外科グループが合併し、消化器・一般外科となりました。合併後は上部消化管、下部消化管、および肝胆膵の各臓器別グループが作られ、それぞれが専門性を高めてゆきました。その一方で、グループ同士の連携も密にして医局全体としても強固な関係を築いてまいりました。
2017年(平成29年)4月に瀧口修司教授が就任し、大学スタッフと関連病院スタッフが一丸となってより良い医局体制の構築に邁進しています。

第1外科教授

  • 伊藤 肇 教授

    伊藤 肇 教授

    1943年(昭和18年)~
    1954年(昭和29年)

  • 伊藤 肇 教授

    柴田 清人 教授

    1955年(昭和30年)~
    1977年(昭和52年)

  • 伊藤 肇 教授

    由良 二郎 教授

    1978年(昭和53年)~
    1994年(平成6年)

  • 伊藤 肇 教授

    真辺 忠夫 教授

    1994年(平成6年)~
    2007年(平成19年)

第2外科教授

  • 伊藤 肇 教授

    藤浪 修一 教授

    1948年(昭和23年)~
    1967年(昭和42年)

  • 伊藤 肇 教授

    永井 良治 教授

    1967年(昭和42年)~
    1979年(昭和54年)

  • 伊藤 肇 教授

    正岡 昭 教授

    1980年(昭和55年)~
    1996年(平成8年)

  • 伊藤 肇 教授

    藤井 義敬 教授

    1996年(平成8年)~
    2014年(平成26年)

第1外科および第2外科の消化器外科グループが統合 第1外科および第2外科の消化器外科グループが統合

消化器・一般外科教授

  • 伊藤 肇 教授

    竹山 廣光 教授

    2009年(平成21年)~
    2017年(平成29年)

  • 伊藤 肇 教授

    瀧口 修司 教授

    2017年(平成29年)~
    現在