ページトップにもどる

診療案内

肝胆膵外科

 
 
 

チーフ紹介

  • チーフ 松尾 洋一

    チーフ

    松尾 洋一

    准教授・消化器外科副部長・
    医療安全管理室副室長

    専門分野
    肝胆膵外科

  • サブチーフ 森本 守

    サブチーフ

    森本 守

    助教

    専門分野
    内視鏡外科・肝胆膵外科

グループの特色

肝胆膵外科グループ

肝臓、胆道、および膵臓に発生したがんや炎症疾患を対象にしています。
同じ疾患でも患者さんによって病態は大きく異なります。患者さん一人ひとりにあった適切な治療法を選択し、安全に提供することを使命と考えています。

患者さんの病態に応じた最善の治療を

肝胆膵グループが向き合う疾患は病態が複雑なことが多く、患者さん一人ひとりによって治療法が異なります。内科との合同カンファ、肝胆膵グループカンファ、消化器外科全体のカンファなどを重ねることにより、患者さんに一番適した治療法を選択しています。進行がん症例には切除の限界まで、早期がんや良性腫瘍に対しては低侵襲な腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。過不足のない、患者さんに適した外科治療を提供しています。

高度で先進的な医療を実現するシミュレーション、ナビゲーション

高度で先進的な医療を安全に提供させていただくために、シミュレーションとナビゲーションに力を入れています。3次元画像解析システムの導入や、3Dプリンターによる立体臓器モデルの作成により、術者全員が「共通したイメージ」を持って、より安全で精細な手術を行っています。さらに、病変を正確に把握し、腫瘍を適切に切除するために術中ICGナビゲーションシステムを導入しています。

がんの治療のために,がんの本質に迫る

消化器がんの中でも、肝胆膵領域のがんは悪性度が極めて高いです。手術を中心としたがんの集学的治療を可能にするには、がんの本質に迫ることが不可欠です。私たちはがんの分子生物学的な研究から臨床応用を目指したトランスレーショナルリサーチまで積極的に行っています。米国最大級のがんセンター(MD Anderson Cancer Center)とも共同で研究を行い、その成果は国内外で高い評価を頂いています。

高度で先進的な手術の導入

進行がんに対する血管合併膵切除や、病態が複雑な慢性膵炎手術、難易度の高い肝胆膵外科領域の腹腔鏡下手術を推進しています。

取り組み その1: 切除の限界まで挑みます
進行がんに対しては、集学的治療を併用しながらメスの限界まで挑みます。当院の特徴として、内科や放射線科、心臓血管外科とチームを組んで高度で先進的な医療を提供することがあげられます。化学療法後に血管合併切除を行うことによって、遺残なくがんを切除できるよう挑んでいます。
取り組み その2: 低侵襲な腹腔鏡下手術を探求します
病態に応じて低侵襲な腹腔鏡下手術を推奨しています。肝胆膵外科領域の腹腔鏡下手術は難易度が高いですが、内視鏡技術認定医(2名)、肝胆膵高度技能医(1名)が、アニマルトレーニングや全国でも類をみない設備を有する名市大先端医療技術イノベーションセンターでのトレーニングを重ね、安全性を確認し、段階を経て臨床へ導入してきました。

これらにより、全国平均で2-3%と報告されている周術期の死亡症例を私たちの施設では認めておりません。また、これらの取り組みは良好な治療成績に結びついています。例えば、膵がん術後の3年生存率は全国平均で23%と報告されていますが、当院のそれは40%を越えています。今後も高度で先進的な医療を安全に提供していく取り組みを進めてまいります。

3次元画像解析システムによる
肝臓の立体構築

3次元画像解析システムによる肝臓の立体構築

実際の手術では肝臓内部の腫瘍や血管の位置関係は表面からみただけでは判別できません。
肝実質を透見出来るように3次元画像構築を行うことで立体的な位置関係が把握しやすくなります。

腹腔鏡下肝切除術のシェーマ

腹腔鏡下肝切除術のシェーマ

患者さんの身体への負担を軽減しつつ、安全で精度の高い手術を行うように心がけています。